Home > 教員紹介

教員紹介

上林 壮一郎:准教授

1967年東京生まれ。千葉大学大学院工学研究科修了後、京セラ株式会社を経て1995年渡伊。ミラノのドムス・アカデミー、スタジオ アンドレア・ブランジを経て、1999 年スタジオ アルキメデス設立。帰国後、“POLY-SITE”参加。2005年よりコンテクストデザインワークショップを進行中。2000年「HIDDEN FURNITURE」展(ミラノ)、2010年「物からモノへ」展など展覧会出展多数。共著「モノ学の冒険」(創元社)。本学では、ALESSI ワークショップなどイタリア 関係を担当。

Q&A

今までどんな仕事をしてきましたか

大学を出て初めてやったのは、テレビ会議システム、電話機、PHS、携帯電話など今で言うIT機器のデザインです。意識の変革に興味がありました。当時これからはITが人間のくらしと意識を変革していくのではないかと思いこの分野に進みました。自分がデザインしたものが街中で見ることができるという初めての体験でした。幸い、100万台以上売れるというミリオンセラーも体験しましたが、一方でほとんど売れないものも体験しました。売れた売れないにかかわらず、それぞれが自分にとって大切な経験であり仕事です。
メーカーではエンジニアがこれほど敵対関係になる存在だと思いませんでした。もちろん協力者になるエンジニアもいますが。キャリアの最初をメーカーで学んだことはよくも悪くも大きかったです。

好きなデザイナーor作品をあげてください

ブルーノ・ムナーリ 霧の中のサーカス(絵本):プロダクトデザインもいいですがここではあえて絵本をあげます。霧の中のサーカスは、半透明の紙でできた経本で、頁をめくるごとに前のページが霧の向こうに消えてゆくように感じられます。このように、ストーリーのデザインではなく、仕組みそのもののデザインをしているところに学ぶものが多いです。ムナーリは、イタリアのアーティストであり、絵本作家であり、グラフィックデザイナーであり、プロダクトデザイナーである。他分野にまたがる自由な発想にあこがれます。こども関連の仕事でも有名です。仕事のポジションが他に類を見ない独特な領域にまたがっています。

倉俣史朗  セディアセドゥータ:椅子に椅子が座っているという椅子。倉俣史朗は、アクリルの中に造花のバラを閉じ込めた作品などが有名になってしまい、伝説化されてしまっていますが、階段が階段に見えなくなるようなデザインの処理の仕方、何かがなにかでなくなるようなデザインの持っていきかたが、それまでに学んだ工業デザインの鉄則をすっかりはずしてくれて、窒息状態から救ってくれました。  

イサムノグチ あかりシリーズ:彫刻家がデザインした美濃和紙の照明器具。イサムノグチは、その造形のもっていきかたが、完全になにかにおさまりきらない、何かと何かの境界上で遊んでいるところが素敵です。アートの世界では照明器具など実用的なものを作ると、堕落したと思われるそうです。くだらないことです。

この3人に共通しているのは、いわゆるプロダクトデザイナーではないところです。
領域のはざまで自分のポジションを作ることで夢を与えるような世界をこの世にもたらしてくれたと思っています。

自分のデザインしたもので気に入っているものを教えて下さい

気に入っているもの?多すぎて選び切れない。しかし、2つあげます。
京セラ時代にデザインした、電話機の親機。当時社内で部長や取締役に働きかけて実現したかなり変わったデザインです。今でもマニアの間では羊羹と呼ばれているようです。
春の顔見世で展示した、杉の椅子も気にいっています。かなり直観的にできたデザインですが、手でなでて座ってみないと座面はわからないと考え、自分で削りました。杉は、削れば削るほど形が変わり、磨けば磨くほどに手に気持ち良い表面を出してくるので作る醍醐味がありました。

好きな本をあげて下さい

人間と空間(フリードリッヒ・ボルノウ):世界の見方、デザインをより深く考える為のバイブルです。現象学という学問がベースになっています。
私の自然観(今西錦司):人間の文化や文明の根底には自然をどう見るかということが横たわっています。そんな自然観を養ったのは登山ですが、登山の師匠、京都の今西錦司先生の美文に酔えます。
シュタイナー 芸術と美学(ルドルフ・シュタイナー):現代の芸術とはデザインであると考えています。そんな芸術というのがどんな働きなのか、人間の意識にどのように影響するのかが示唆的に書かれた本です。修士論文の参考文献にして以来の大切な本です。

好きな映画をあげて下さい

私をスキーに連れてって:時代性もありますが、テンポの良さです。これを見たころから本格的に山スキーを始めました。
アマデウス:これでモーツァルトに目覚めました。いつもイタリア語版を見ているのでいまひとつ言葉が分からないところもありますが、台詞を覚えるほど繰り返し見ています。無駄なシーンがなく音楽と一体化した映画です。
ニューシネマパラダイス:ちょっと長いけど、漂う空気感が好きです。西部劇やスターウォーズも好きだけど、アメリカ映画が多い中で、イタリア映画の名作です。

血液型と星座を教えて下さい

親家族全員緻密なA型、迷いやすくてこまるふたご座


戻る
ページのトップへ