Home > 教員紹介

教員紹介

ムラタチアキ:大学院教授

1959年鳥取県境港生まれ、大阪市立大学工学部応用物理学科卒業、三洋電機を経て、1986年 ハーズ実験デザイン研究所を設立。
2005年「METAPHYS」をミラノサローネで発表し、企業でブランドを共有するコンソーシアムデザインブランドを主導。また、「行為のデザイン」、「感性価値デザイン」などの商品開発手法で企業の商品開発、各地の地域資産開発を実践している。

神戸芸術工科大学客員教授、
]大連工業大学客員教授、
NPO法人エコデザインネットワーク理事、
日本デザインコンサルタント協会理事、
ジャパンデザインプロデューサーズユニオン会員、JIDA会員、
NPO法人キッズデザイン協議会フェロー、
感性価値創造ミュージアムin Kobe2009実行委員長、
エコプロダクツデザインコンペ2007〜2010実行委員長、
福岡産業デザインアワード2009特別審査委員、
大阪スタイリングエキスポ2010スタイリングエディター、
2010 大阪デザインセンター デザインビジネス塾 co-design塾長、
にいがたIDSデザインコンペティション2010審査委員、
BOPデザインフォーラム2011実行委員長、
Gマーク2002~2011審査委員、
IFデザインアワード2009審査委員、
2010 computex Taipei 審査委員、
タイデザインエクセレントアワード2010審査委員。
2000Gマーク金賞、Gマーク中小企業庁長
官賞(2005年2件、2008、2010)、
2005Gマークエコデザイン賞、他
1996〜Gマーク 39件受賞。
2007新日本様式100選、
2008 ISOTステーショナリーオブザイヤー、
2008 IF Design award 4件受賞、
2010 red dot award Best Of The Best他4件受賞、
2009 アドバンストディスプレイオブザイヤー、
2010 メゾンエオブジェBest Of Product、
2008,2009 Design for Asia award 銅賞、
2010 キッズデザイン賞2件、2010Ambiente Design Plus award、
2010 Deisn for Asia award 金賞、2010Asia designers award グランプリ受賞、
2011 ギフトショー・アクティブデザイン&クラフトアワード大賞、
2011 Gマーク5件受賞。

Q&A

仕事(デザイン)をする上で心がけていることはありますか

クライアントの要望を鵜呑みにして、受け身のまま仕事に入るのは危険です。「は
い、はい」と言われるままに頷き、忠実に条件を守るデザイナーのこと。でも、クラ
イアントが隠していて話さないようなマイナス情報にこそ、落とし穴が潜んでいる可
能性が高いのです。クライアントが「実は・・・」と切り出すような、安心感のある
状況を作り出すこともデザイナーの仕事のうち。複雑で、見えにくい状況を俯瞰し、
大局から判断して、正しい方向に導いていくことが「デザインの前のデザイン」なん
です。このステップで失敗すると、後のデザインワークは殆ど無駄になるので、ここ
が最も大切な部分と言えるでしょう。

「デザイン」って何だと思いますか

デザインとは、「いい企み」を考えて、実践することでしょう。

デザインの解釈は、たくさんありますが、その中の一つである「伝える」役割も大切
です。思いついても、カタチにできなければ、人に伝わらない。人の協力がなけれ
ば、モノやコトは生まれない。だから、意図を伝えるためのデザインスキルが大切な
んです。プレゼンは、「いい企み」を伝えて、人の心を動かし、夢を現実にするため
のデザインの二つ目のステップなのです。

好きなミュージシャンor曲をあげてください

The Stranglers, Gary Numan, Roxy music, Rachael Yamagata, Sara
McLachlan, Japan, Lou Reed, Super trump, The Rolling Stones, Pearl Jam

今チャレンジしようとしていることはありますか?

■BOPデザイン協議会を立ち上げて、2012年の春には、BOPプロダクツの展示会と
フォーラムを実施することです。エコプロダクツデザインコンペを4年間開催してき
ましたが、エコの延長線上に人道支援や災害に学ぶインフラの在り方を考える時が来
たのではないかと考えています。いったん、このコンペを中断し、BOPについて専門
家による協議会形式で徹底的に研究し、デザインにできることを考えたいと思いま
す。その上で新たにBOPデザインコンペを開催していきたいと考えています。インフ
ラに頼らない小さな単位の集合体、一見弱そうだがインフラの無い発展途上国や災害
の多い国には、最も有効なソリューションだと考えられます。これからのデザイナー
が取り組むべきテーマだと思います。
■初等教育に図画工作ではなく、「でざいん」という授業を組み込むことで、デザイ
ンがすべての学問に対して横断的に機能する「ソリューションツール」であるという
ことを、小学生の頃から経験的に体得していく仕組みを作っていきたいと思っていま
す。日本では、デザインと図画工作との違いが分からない人たちが大人になって、日
本の未来地図を描いているところが問題なんです。
■「サステナブルデザイン」という言葉に、マスプロダクトはどう対応するかという
課題についての研究です。店頭に並んでいるときが、最も新しく、買ったとたんに、
中古品、傷があればB級品、そして古くなれば捨てられ、また、新たな商品への購買
促す。こういった、経済成長を必須とするマスプロダクツの在り方に、私も他ならず
加担してきたが、ここらでゼロ成長なる新たな生き方をベースにしたモノづくりもあ
るのではと考えています。深みとは、愛着とは、風化の美しさとは、・・・「美しく
朽ちていく」モノづくりを考えます。
■「行為のデザイン」を院生の協力によって体系化し、大学院から出版したいと考え
ています。

血液型と星座を教えて下さい

O型 さそり座です。

好きな食べ物or飲み物を教えて下さい

スイーツが大好きですが、その中でもかき氷が好きです。でも日本のかき氷じゃない
んです。アジアのかき氷はフルーツが一杯で、氷自体がシャーベットからできている
ものも。中国のピン、韓国のパッピンス、シェファービンなど、たまらないですね。
飲み物では、スムージー、ハーブティー、中国茶の世界も深くて好きです。


戻る
ページのトップへ