Home > SDI-ソーシャルデザイン・インスティチュート

SDI-ソーシャルデザイン・インスティチュート

社会の課題をデザインで解決していく実践型の研究機関、SDI。

このSDI(ソーシャルデザイン・インスティチュート)には、様々な社会の課題に対して、最適解を見つけ、解決に向けて取り組む実践型のプログラムがあります。地球環境問題をはじめとする山積みの課題には、地域振興の問題、教育問題、高齢者問題、少子化問題、BOP問題、エネルギー問題、自然災害問題など、様々なテーマがありますが、いずれもデザインを広義にとらえ、デザインで解決していけるケーススタディが多いと考えられています。そのためにSDIでは、建築、グラフィック、プロダクツ、情報などのデザイン分野の専門性の特定はせず、あらゆるジャンルを超えた俯瞰の目を持ったアートディレクターを育て、日本再生に向けた実践的な研究を行っていきます。そのためには、地域コミュニティや行政、地元企業と連携していくコミュニケーションの手段、プレゼンテーション能力も問われます。ソリューションとして生み出されたデザインは、工房で試作し、実際に現地で適応させてその効果を試す社会実験のツールになります。また、その過程をドキュメンテーションし、発信することで、その行動を告知し広めていき、ムーブメントを創る啓蒙までもがプロセスの一環として考えられています。今までの教育の枠組みを超えたSDIは、企業や行政にできないムーブメントを生む可能性を秘めています。

もう一つのSDIの特徴は、デザインの商品化にあります。研究テーマで開発された自分のデザインが商品化され、流通にのるためには、いくつもの困難がありますが、これを乗り越えることも実践的デザイン教育の重要な部分です。この仕組みを支えるのが、コンソーシアムデザインブランドMETAPHYS。様々な分野の企業との産学共同を通じて、その企業のコアコンピタンスを理解し、それを活かしたプランニングデザインがスキルとして身に着いてくることを狙いとしています。修士課程の1年生は瓜生館2Fの研究室での研究。修士課程の2年生からは京都造形芸術大学サテライト(ハーズ実験デザイン研究所内)での、実践ワークがプログラムされています。

プログラムの流れ

1、概論

デザイン概論
デザインとは何か、デザインの役割、デザインの範囲、ソーシャルデザインカンファレンス2013に向けたサーベイ、感性価値概論

ビジュアルシンキング
行為のデザインについての事例研究、観察手法の事例研究、体系化研究

2、実践

産学共同オリエンテーション
コアコンピタンスヒアリング、ステークホルダー研究、工場見学

プランニングワーク
コミュニティの調査、行為のデザインからのプラン、コアコンピタンスアイデア(背景感性、技術感性、加工方法、素材や造形の感性、マーケットメリット)、生産販売損益計算

デザインワーク
ソリッドワークスによる3Dデザインとレンダリングの作成、3Dプリンター活用の3次元立体試作品による検討、企業へのプレゼンツールの作成、現物制作による現地プレゼンテーション

生産フォローワーク
デザインモックアップの制作、デザインの設計移行、試作検討

ブランディングワーク
撮影コーディネート、パッケージデザイン、パンフレットデザイン、店頭ディスプレイ、POP制作、メディア発信、WEB発信、プロモーション

編集ワーク
一連の商品化までのプロセスドキュメンテーション、編集デザイン、装丁デザイン、入稿

修士課程修了または博士課程へ
院生各自の商品化された商品、書籍を成果物として就活、進級。

ページのトップへ