プロダクトデザイン学科では、毎年この時期のミラノサローネという世界最大のデザインの展示会の視察ツアーを行っています。
今年も、イタリアに留学の経験のある上林先生の引率で、5名の学生がツアーに参加しました。

image2 image7

まずは、フィレンツェを経由してミラノに入り、現地のデザイン工房でワークショップを行ったり、現地の大学を視察したりしました。
デザイン工房では、作業の様子を見せていただいたり、こちらからデザインを提案して意見を頂くなど、イタリアのデザインの方法を具体的に肌で感じることができました。
image6image1 image13

また、現地の大学では交換留学で京都造形芸術大学に留学していた学生と再会し、学内を案内してもらうことができました。

image10 image12

ミラノデザインツアーは1週間の滞在予定で、後半はいよいよミラノサローネの視察を行います。