2月の雪の中、山形にある姉妹校である東北芸術工科大学の卒業制作展へ、教員と学生数名で訪問してきました.
東北芸術工科大学のプロダクトデザイン学科は歴史も古く、地元の企業と密接な繋がりを持った独自のカリキュラムが特徴です.その卒業制作展も熱の入ったものでした.

また、学科の研究室も訪問し施設や学習の環境なども見学してきました.東北芸術工科大学は敷地面積も広く、その環境を活かした大学になっており、京都とは良い意味で対照的な学びの場でした.今後も両校で交流を深めて、お互いの良い点を広めていきたいと思っています.