当日は京都市内も雪が積もっていました。
カチカチに凍っているところもあり、なかなか大変な一日でしたね…
研究室から授業教室に行くには坂道があるのですが、ズズズっと何度か滑ってしまいました。

さて、授業内容ですが、「立体構造、空間の認識把握能力トレーニング」です。
午前中は、立体物を平面上に表すための製図を行いました。立体物を正面、側面、背面などそれぞれの方向から見たものを平面に表します。
午後からは、図面を描き、それを立体にしていくのですが、苦戦している方も見受けられました。
図面も立体制作も初めてのことで戸惑った上に、時間内で仕上げるとなるとプレッシャーを感じていたようですね。苦手だな…と感じた方もいるかもしれませんが、プロダクトデザインに携わる上では必要なことです。
初めから何でもうまくできるものではありません。苦手だからこそ、練習を重ねて得意になっていくのです。
入学後、一緒に頑張っていきましょう!
入学を予定されている皆さんと4月の入学式でお会いできること、プロダクトデザイン学科教職員一同、楽しみにしています!