Home > ブログ

ブログ

自分の将来って??

「自分の将来について考えること」はとても大切なことでもあり、とても難しいことですよね。

将来自分がどうなっていたいか、何になりたいのか、それを見つけ出すことは
誰しも決して簡単なことではないし、この先生きていく中で、きっとずーっと
考え続けていく、人生の宿題のような気もします。

“社会で働くってなんだろう?”“自分はどうなりたいだろう?”
そんなことを考えていく2年生の授業の中で、実際にプロダクトデザイナーとして
社会で活躍しておられる、綾 利洋さんをお迎えして、お話をお伺いしました!

pd_161020b

綾さんは、プロダクトデザイナーとして伝統産業や企業とコラボレーションし、
さまざまな製品やプロジェクトを企画、提供されている方ということもあり、実際の
仕事風景や仕事内容を紹介していただきました。

pd_161020c

さまざまな視点からこだわりのあるデザインの仕事についてお話をいただき、
自分のデザインが社会に出た時どのように貢献できるのか、学生達も綾さんのお話を
しっかりと吸収し、“働くこと”について考える良い機会になったようです。

pd_161020d

綾さんが、「僕はデザインの魅力を知ったのが遅かったけれど、みんなは学生時代から
デザインの魅力に気づき、勉強できて羨ましい」とおっしゃっていたのがとても印象的でした。

確かに、学生時代からやりたいことに気づき、それに向かって学ぶことができる環境にいることは
素晴らしいことですよね。
でも、もしまだやりたいこと見つかっていなくても、焦る必要はなく、綾さんのように
意識を高く持っていることで、きっといつか辿り着くのではないかな、と感じました。

綾さん、貴重なお話ありがとうございました!

ページのトップへ

ザ・ダイソー!

後期授業が始まって、早いものであっという間に10月半ばを過ぎました!
最近は肌寒くなり、冬の足音が近づいてきていますね。
季節の変わり目は体調を崩しやすいので、みなさんもお気をつけくださいね。
・・・と言いつつ、私はくしゃみ連発中です。くしゅん。

さて、後期授業に入り、新たな取り組みがスタートしました

みなさん、“100円均一”といえば、どこを思い浮かべますか?
きっと一番に頭の中に浮かぶお店・・・それは、“ダイソー”ではないでしょうか。

ダイソーは毎月500種類もの新商品が誕生しているって、知っていましたか?
季節のものから、日用品、雑貨、婦人小物まで、100円とは思えないクオリティと
バリエーションの豊富さで、一度お店に入るとあれもこれも・・・と夢中に
なってしまいますよね!

そんなダイソーを手がける大創産業さんとのコラボレーション授業が始まったのです!

pd_161017b

これは、3年生の授業の一環として、学生がデザインした商品を大創産業さんに提案し、
もしかすると実際に商品化されるかもしれない…というドキドキの授業です。

pd_161017c

実際に店舗見学をした学生も、あまりの商品量に驚き!
バックヤードの中にも案内していただき、説明をしていただきました。

pd_161017d

特に女の子がワクワクするような商品展開も多く、学生達も興味津々の様子!
100円なので、色違いで購入して、その日の気分に合わせてコーディネイトできる
楽しさが魅力的ですね

pd_161017e

店舗見学を終えた後、学生達は各自見学レポートにまとめて、今後の目標を整理していました。
そのレポートは大創産業さんのお手元に届き、商品本部のみなさんで閲覧してくださっているそうです!
学生のダイレクトな感想でも、きちんと受け止めてくださる器の大きさが、お客さまの心をくすぐる
商品開発に繋がっているんですね!

pd_161017f

さて、学生達からどんなデザインが飛び出すのか…!
これからの動向は、また引き続きこちらでご紹介させていただきますので、お楽しみに♪

ページのトップへ

ガチャガチャをフィンランドへ!

日本人にとってガチャガチャ(カプセルトイ)って、とても親しみあるオモチャですよね。
あのガチャガチャをまわす瞬間、「何が出るかな?」とワクワクして、
みんなで出てきたオモチャを見せ合いっこしていたのが懐かしいです。

今では、子供だけが楽しむものではなく、大人でも夢中になるガチャガチャも多く、
コレクター熱に火がついて、ついつい・・・という人も少なくないのでは?

そんな日本ではお馴染みのガチャガチャの魅力を分析し、新しいデザインを考えよう!
というプロジェクトを、今年の2月、なんと北欧フィンランドで行ったのです!

今回のプロジェクトでは、この2点を中心に授業を行いました。
本物のガチャガチャをフィンランドに持って行き、フィンランドの学生達に
体験してもらうこと。
「フィンランドでガチャガチャを置くなら中身は何にするか?」という問いに対する
デザインを紙に描いてもらい、中身に詰め替えて日本に送り返してもらうこと。

フィンランドでの授業を担当していただいたのは、大江孝明先生!
そして、体験してもらうガチャガチャの中身のデザインは3人の学生が担当し、
試行錯誤しながら製作してくれました。

pd_160901a

「日本らしい雰囲気やしぐさを伝えたい」という想いから、ユーモア心たっぷりの
粋なアクセサリーをデザインし、学生達の想いと共にカプセルに詰め込みました。

pd_160901d

pd_160901b

帰国後、大江先生が録画してくださったフィンランドでの授業映像を観てみると、
実際にガチャガチャを体験した学生達が中身を見せ合いながらキャッキャと
楽しそうにしている姿、嬉しそうにアクセサリーをつけてくれている姿を見て、
製作した学生達も感無量だったようです。

そして、返ってきたカプセルの中身は、どれもお国柄の出るユニークなものばかり
今度はこちらがワクワクする瞬間を楽しませてもらいました。

自分達がデザインした作品が海を越えて人の手に渡り、実際に喜んで使ってくれている
笑顔を見ることって、なかなかできない経験ですよね。
これから壁にぶつかっても、みなさんの笑顔を思い出すことで、きっと色んなことを
乗り越えていける原動力になることでしょう!

↓京都新聞に掲載されたプロジェクトの特集記事です。

pd_160901e

ページのトップへ

本のムシ!

pd_160722b

みなさん、これ↑何だと思いますか??

実はこれ、卒業生の木下侑子さんが在学時代に授業内でデザインした作品で、
インテリアとしてもおしゃれな本型の“捕虫器”なのです!

プロダクトデザイン学科の授業では、企業とコラボレーションをして授業を行う、
産学協同授業も多く行われていますが、今回、株式会社SHIMADAさんとコラボした作品
“本のムシ”が、ビックサイトで行われる雑貨エキスポの展示会に出展されました!

pd_160722c

本を開き、剥離紙をはがして設置するだけで、粘着シートの蛍光色や
両端の蓄光シートで虫を誘引し、虫を簡単に捕獲することができる優れもの!

pd_160722d

粘着シートは英字新聞調のデザインで、虫がついても目立ちにくく、インテリアを
妨げないデザインになっています。
パッと見、これが捕虫器とは思えないかわいさですよね

周りを見渡してみれば、もっとこんなものがあればいいな~と思うものって、
実はたくさんありますよね。
プロダクトデザインはそんな想いを自分の力でカタチにできることももちろんですが、
それを喜んで使ってくれるお客さまがいらっしゃることが何よりも嬉しいことですね!

みなさんも店頭で“本のムシ”を見かけられた際は、是非手にとってご覧ください!

ページのトップへ

インターナショナルデザイントーク!

プロダクトデザイン学科では、先生や学生主催でさまざまな勉強会が開かれています。

pd_160719b

その中のひとつ、“インターナショナルデザインクラブ”の勉強会に、世界で
活躍されている福定さん、ヤコボさんが特別ゲストとしてお越しくださいました!

pd_160719c

ヤコボさんはイタリアのRimaというメーカーの歴史を本にまとめておられ、
学生時代は交換留学生として、ここ京都造形芸術大学で学んでおられました。

pd_160719d

福定さんはイタリアに渡り、ミラノのドムスアカデミー※にてインテリアデザインコースの修士号を
取得した後、イタリアのデザイン事務所でプロダクトデザイナーとしてお仕事をされていました。

※ドムスアカデミーとは?
世界的に知られる建築・デザイン雑誌「DOMUS」(1928年創刊)が母体となってできた、
デザインとファッションのマスターコースが中心の専門学校。

pd_160719e

(左から、ヤコボさん、勉強会主催の上林先生、福定さん)

実際に世界を舞台に活躍されているデザイナーさんの実体験を間近で聞くことができ、
学生達も世界のデザインを意識する良いきっかけとなったのではないでしょうか。
ここから世界に羽ばたく未来のデザイナーがいるかもしれないと思うと、今から楽しみです!

福定さん、ヤコボさん、貴重なお話ありがとうございました

ページのトップへ

★一日体験入学ありがとうございました★

pd_160710b

毎日暑い日が続いていますね~!
もう梅雨明け?と思えるくらい、今日も綺麗な青空が広がって、
セミが元気いっぱいの鳴き声を聞かせてくれています。
みなさんも水分補給を十分にして、熱中症にお気をつけくださいね。

さて、7/10(日)は今年2回目となる一日体験入学が開催されました!
暑い中たくさんの方にお越しいただき、本当にありがとうございました

pd_160710c

今回の一日体験のテーマは「作ってみて考えるデザイン」!
立ったまま使えるテープディスペンサーを制作していただきました。

pd_160710d

今回はとにかく思いついたデザインをすぐに作ってみることからスタート!
試作品を作った後、実際に相手に使ってみてもらいます。
考えた通りの使い方で使ってくれるか、どこをもっと改良した方が良いか、
相手とじっくり話し合いながら、自分の試作品と向き合います。

pd_160710e

そしてもう一度制作!
話し合いで出た意見をヒントに、試作品をさらにブラッシュアップしていきます。
みんな試行錯誤しながらも自分のアイデアをカタチにしようと頑張ってくれていました。

pd_160710f

最後に一人づつ、自分の作品をプレゼンテーション!
みんなの柔軟で個性豊かなアイデアにはこちらも驚かされっぱなしでした。

参加してくれたみなさん、楽しい時間をありがとうございました

今回行き逃した!まだもっと話を聞きたい!と思っている方、
次回は7月23日(土)、24日(日)のオープンキャンパスでお待ちしております。
是非学科ブースに遊びに来て、お気軽に声をかけてくださいね♪

またみなさんとお会いできること、楽しみにしています!

ページのトップへ

\千田玄樹さんによる家具勉強会/

pd_160705b

梅雨の晴れ間なのか、ここ最近はムシムシとした暑い日々が続いていますね。
さきほど少し工房を覗きましたが、たくさんの学生が課題制作に汗を流していました。
つなぎを着て、機材を駆使している学生は少し頼もしく見えます

さて、先日プロダクトデザイン学科では、株式会社飛行船スタイルで、プロダクト、
インテリア、グラフィック~ブランディングまで、幅広いデザイン領域に従事されている
千田玄樹さんをお招きして、家具勉強会を開催しました!

pd_160705c

千田さんが働いておられる飛行船スタイルは、インテリアデザインショップ、ギャラリー、
食堂、デザインオフィスが一体となった少し珍しいトータルデザイン会社です。

建築、インテリア、設備、家具、照明など、住まいをつくるエレメントをトータルに
デザインし、お客さまの“自分らしい暮らし”の実現のお手伝いをされているのです

今回は千田さんがデザインした家具を実際にいくつかお持ちいただき、家具創りにおける
大切な要素やお客さまに寄り添う気持ちのあり方について、学生たちにお話いただきました。

pd_160705e

学生時代はずっと手を動かし、工房でモノを制作していたという千田さん。
街を歩いていても、電車に乗っていても、どこかのお店に入っていても、どんな時でも
常に四方八方にアンテナを張り、好奇心旺盛な心を忘れずにいることが大切だと
話してくださいました。

pd_160705d

自分ならもっとこんな風にデザインするのになぁ・・・
これはどうしてこのようなデザインになったのだろう・・・
こんなものが世の中にあれば・・・

学生たちが普段何気なくぼんやりと考えていることが、いつか自分がデザインする上での
大切な引き出しになっていくのかもしれませんね。

暮らしにおける豊かさは人それぞれ異なりますが、それぞれが想う豊かさをカタチにすることが
できる“デザインの力”には無限の魅力があるなぁ、と改めて感じることができた勉強会でした◎

千田さん、貴重なお話ありがとうございました!

ページのトップへ

1年生のワゴン製作!

もうすぐ7月ですね~!暑い夏がもうすぐそこまでやってきていますが、
1年生は夏までに作り上げなくてはいけないものがあります。
そう、それはこれから4年間を共に過ごすことになる教室での相棒、“ワゴン”です!

pd_160628b

これは「素材・造形実習Ⅰ」という授業の中で、1年生が最初に制作する課題なのです。
この授業では、“正しい木材の知識”と“図面を読み解く力”を鍛えます

一言に“木材”といってもその種類はとても数多く、それぞれに特徴があり、
何を制作するかによって使い分ける必要があります。
実際にワゴンを組み立てながら、木材の細かな特徴を勉強していきます。

pd_160628c

また、制作する中でもうひとつ重要なのが、“図面”です。
頭に思い描くモノをどのように作り上げていくのか、その道筋を正確に
示してくれているものが図面なのです。

みんな慣れない図面と格闘しながら、引き出しのレールの位置や角度を
探っているようですね~

pd_160628d

このような基本的な知識を1年生のうちにしっかりと学ぶことで、
2年生からの制作活動に役立つ知識を蓄えることができるんですね!

この授業では毎回班長を入れ替えることで、みんなが班の代表を経験することができ、
お互いにサポートし合い、教え合いながらワゴンの完成を目指していきます。
こうして築き上げられる仲間との絆も、また醍醐味のひとつなのかもしれません

pd_160628e

みんなのワゴンがどんな風に完成するのか楽しみです!
完成まであと少し!みんなファイト~!

ページのトップへ

!デザインバトルトーナメント!

pd_160620b

 

梅雨に入り、ジメジメした季節になってきましたね・・・
恵みの雨でもありますが、ず~っと雨だと気持ちも少し沈みがちに。

そんなジメジメした気持ちを奮い立たせるべく、プロダクトデザイン学科3年生の授業で、
「デザインバトルトーナメント」が開催されました!

このデザインバトルは、身近にある日用品(ペットボトル、ペンケース、蚊取り線香など)を
使うときの“行為”の問題点を見つけ出し、それを解決するデザインを考え、トーナメント方式で
競い合う、というもの。

 

pd_160620c

 

1回戦目は事前に各自テーマを知らされていて、3週間かけてデザインしたもので勝負!
2回戦目からはその場でテーマが発表され、4分間でアイデアを搾り出し、スケッチを描く
という、まさに即興性とアイデア力が試される緊張感溢れる場となりました。

 

pd_160620d

 

審査は出場者全員の挙手制により決まるということもあり、どれだけ多くの人の心を捉えることが
できるか、デザイン力に加えてプレゼン力の大切さにも気づかされたのではないでしょうか。

 

pd_160620e

 

4分間という短い時間の中で、閃いたデザインを描く必死な姿、本当にみんなかっこよかったです!
先輩達の熱いバトルを間近で見ていた1、2年生達も、「自分達もやってみたい!」と刺激を受けたようですね。

 

pd_160620f

 

そんな白熱したバトルを制したのは、藤原侑子さん
「今までみんなとデザインで競い合うということはなかったので刺激的だった」と話してくれました。
時には良き理解者であり、時には大きなライバルともなる、そんな素敵な戦友が周りに
たくさん出来ることは素晴らしいことですね。

 

pd_160620g

 

最後に村田教授から、「実際の現場ではテーマが出た瞬間から次々にアイデアを
生み出していかなくてはならない」とお話があり、実際にその難しさを体感した学生達は、
身が引き締まる想いだったのではないでしょうか。

参加した学生のみなさん、本当にお疲れさまでした!みんなかっこよかったよ!

ページのトップへ

\ポートフォリオ特別講義 開講/

pd_160617b

卒業生の前口 雄祐さんがプロダクトデザイン学科の後輩のために、
ポートフォリオ特別講義を開いてくださいました!

ポートフォリオは学生時代の研究や制作をギュッ!と詰め込んだ大切なモノです。
今回は、自分自身の課題をどのように解決し、どこに意識しながらポートフォリオ制作に
取り組んでいったのか、ご自身の体験を元にお話してくださいました。

pd_160617c

学生達も憧れの先輩からの話を食い入るように聞き、積極的に質問をしていますね~◎
どう自分を表現していけばよいのか、ここから何かヒントを得てくれると嬉しいですね。

pd_160617d

講義終了後、前口さんは多くの学生に囲まれ、質問攻撃に!
それだけ熱意を持って取り組む学生の姿勢には目を見張るものがありますね。

前口さん、貴重なお時間をありがとうございました!

ページのトップへ

2016年度優秀学生賞 授賞式!

pd_160615b

京都造形芸術大学では、3年生終了時までの成績や創作活動において優秀!と
認められた4年生を“優秀学生”として毎年表彰しています。
今年、プロダクトデザイン学科からは3名の学生が選ばれました★

pd_160615c

(左から、竹田貴弘くん、室ノ園悠貴くん、中本涼馬くん)

3人とも、とても素敵な笑顔ですね~♪
学生時代の頑張りがこのように結果として表れることは嬉しいことですね!

ここから卒業制作も本格化してきます!
この成果を弾みにこれからもどんどん活躍の場を広げていってくれることでしょう。

\本当におめでとうございます!/

ページのトップへ

☆一日体験入学へのご参加ありがとうございました☆

pd_160613b

6月12日(日)に行われました一日体験入学、たくさんの方にご参加いただきました。
本当にありがとうございました!

pd_160613c

今回の体験授業では、「“観る→つくる”のデザイン」と題して、「ミニちりとり&ほうきセット」の
隠れた問題点を観察し、それを解決するためのデザインを考えました!

pd_160613d

まずは実際にほうきとちりとりを使い、問題点を観察していきます。
それぞれ色んな意見を出し合っていますね!

pd_160613e

問題点を見つけたら、次はそれを解決するデザインを考えます。
思い描くデザインを、紙とボードを使って実際にデザインモデルを制作していきます。

pd_160613f

最後は作ったデザインモデルをみんなの前でプレゼンテーション!
どこを工夫し、どうデザインしたのか、みんなの個性豊かなアイデア力に驚きでした

今回の体験入学に参加できなかった方は、7月10日(日)にも一日体験入学を行いますので、
是非そちらにご参加くださいね♪

今回とはまた一味違う内容の体験授業をご用意してお待ちしています!

ページのトップへ