Home > ブログ

ブログ

★一日体験入学ありがとうございました★

pd_160710b

毎日暑い日が続いていますね~!
もう梅雨明け?と思えるくらい、今日も綺麗な青空が広がって、
セミが元気いっぱいの鳴き声を聞かせてくれています。
みなさんも水分補給を十分にして、熱中症にお気をつけくださいね。

さて、7/10(日)は今年2回目となる一日体験入学が開催されました!
暑い中たくさんの方にお越しいただき、本当にありがとうございました

pd_160710c

今回の一日体験のテーマは「作ってみて考えるデザイン」!
立ったまま使えるテープディスペンサーを制作していただきました。

pd_160710d

今回はとにかく思いついたデザインをすぐに作ってみることからスタート!
試作品を作った後、実際に相手に使ってみてもらいます。
考えた通りの使い方で使ってくれるか、どこをもっと改良した方が良いか、
相手とじっくり話し合いながら、自分の試作品と向き合います。

pd_160710e

そしてもう一度制作!
話し合いで出た意見をヒントに、試作品をさらにブラッシュアップしていきます。
みんな試行錯誤しながらも自分のアイデアをカタチにしようと頑張ってくれていました。

pd_160710f

最後に一人づつ、自分の作品をプレゼンテーション!
みんなの柔軟で個性豊かなアイデアにはこちらも驚かされっぱなしでした。

参加してくれたみなさん、楽しい時間をありがとうございました

今回行き逃した!まだもっと話を聞きたい!と思っている方、
次回は7月23日(土)、24日(日)のオープンキャンパスでお待ちしております。
是非学科ブースに遊びに来て、お気軽に声をかけてくださいね♪

またみなさんとお会いできること、楽しみにしています!

ページのトップへ

\千田玄樹さんによる家具勉強会/

pd_160705b

梅雨の晴れ間なのか、ここ最近はムシムシとした暑い日々が続いていますね。
さきほど少し工房を覗きましたが、たくさんの学生が課題制作に汗を流していました。
つなぎを着て、機材を駆使している学生は少し頼もしく見えます

さて、先日プロダクトデザイン学科では、株式会社飛行船スタイルで、プロダクト、
インテリア、グラフィック~ブランディングまで、幅広いデザイン領域に従事されている
千田玄樹さんをお招きして、家具勉強会を開催しました!

pd_160705c

千田さんが働いておられる飛行船スタイルは、インテリアデザインショップ、ギャラリー、
食堂、デザインオフィスが一体となった少し珍しいトータルデザイン会社です。

建築、インテリア、設備、家具、照明など、住まいをつくるエレメントをトータルに
デザインし、お客さまの“自分らしい暮らし”の実現のお手伝いをされているのです

今回は千田さんがデザインした家具を実際にいくつかお持ちいただき、家具創りにおける
大切な要素やお客さまに寄り添う気持ちのあり方について、学生たちにお話いただきました。

pd_160705e

学生時代はずっと手を動かし、工房でモノを制作していたという千田さん。
街を歩いていても、電車に乗っていても、どこかのお店に入っていても、どんな時でも
常に四方八方にアンテナを張り、好奇心旺盛な心を忘れずにいることが大切だと
話してくださいました。

pd_160705d

自分ならもっとこんな風にデザインするのになぁ・・・
これはどうしてこのようなデザインになったのだろう・・・
こんなものが世の中にあれば・・・

学生たちが普段何気なくぼんやりと考えていることが、いつか自分がデザインする上での
大切な引き出しになっていくのかもしれませんね。

暮らしにおける豊かさは人それぞれ異なりますが、それぞれが想う豊かさをカタチにすることが
できる“デザインの力”には無限の魅力があるなぁ、と改めて感じることができた勉強会でした◎

千田さん、貴重なお話ありがとうございました!

ページのトップへ

1年生のワゴン製作!

もうすぐ7月ですね~!暑い夏がもうすぐそこまでやってきていますが、
1年生は夏までに作り上げなくてはいけないものがあります。
そう、それはこれから4年間を共に過ごすことになる教室での相棒、“ワゴン”です!

pd_160628b

これは「素材・造形実習Ⅰ」という授業の中で、1年生が最初に制作する課題なのです。
この授業では、“正しい木材の知識”と“図面を読み解く力”を鍛えます

一言に“木材”といってもその種類はとても数多く、それぞれに特徴があり、
何を制作するかによって使い分ける必要があります。
実際にワゴンを組み立てながら、木材の細かな特徴を勉強していきます。

pd_160628c

また、制作する中でもうひとつ重要なのが、“図面”です。
頭に思い描くモノをどのように作り上げていくのか、その道筋を正確に
示してくれているものが図面なのです。

みんな慣れない図面と格闘しながら、引き出しのレールの位置や角度を
探っているようですね~

pd_160628d

このような基本的な知識を1年生のうちにしっかりと学ぶことで、
2年生からの制作活動に役立つ知識を蓄えることができるんですね!

この授業では毎回班長を入れ替えることで、みんなが班の代表を経験することができ、
お互いにサポートし合い、教え合いながらワゴンの完成を目指していきます。
こうして築き上げられる仲間との絆も、また醍醐味のひとつなのかもしれません

pd_160628e

みんなのワゴンがどんな風に完成するのか楽しみです!
完成まであと少し!みんなファイト~!

ページのトップへ

!デザインバトルトーナメント!

pd_160620b

 

梅雨に入り、ジメジメした季節になってきましたね・・・
恵みの雨でもありますが、ず~っと雨だと気持ちも少し沈みがちに。

そんなジメジメした気持ちを奮い立たせるべく、プロダクトデザイン学科3年生の授業で、
「デザインバトルトーナメント」が開催されました!

このデザインバトルは、身近にある日用品(ペットボトル、ペンケース、蚊取り線香など)を
使うときの“行為”の問題点を見つけ出し、それを解決するデザインを考え、トーナメント方式で
競い合う、というもの。

 

pd_160620c

 

1回戦目は事前に各自テーマを知らされていて、3週間かけてデザインしたもので勝負!
2回戦目からはその場でテーマが発表され、4分間でアイデアを搾り出し、スケッチを描く
という、まさに即興性とアイデア力が試される緊張感溢れる場となりました。

 

pd_160620d

 

審査は出場者全員の挙手制により決まるということもあり、どれだけ多くの人の心を捉えることが
できるか、デザイン力に加えてプレゼン力の大切さにも気づかされたのではないでしょうか。

 

pd_160620e

 

4分間という短い時間の中で、閃いたデザインを描く必死な姿、本当にみんなかっこよかったです!
先輩達の熱いバトルを間近で見ていた1、2年生達も、「自分達もやってみたい!」と刺激を受けたようですね。

 

pd_160620f

 

そんな白熱したバトルを制したのは、藤原侑子さん
「今までみんなとデザインで競い合うということはなかったので刺激的だった」と話してくれました。
時には良き理解者であり、時には大きなライバルともなる、そんな素敵な戦友が周りに
たくさん出来ることは素晴らしいことですね。

 

pd_160620g

 

最後に村田教授から、「実際の現場ではテーマが出た瞬間から次々にアイデアを
生み出していかなくてはならない」とお話があり、実際にその難しさを体感した学生達は、
身が引き締まる想いだったのではないでしょうか。

参加した学生のみなさん、本当にお疲れさまでした!みんなかっこよかったよ!

ページのトップへ

\ポートフォリオ特別講義 開講/

pd_160617b

卒業生の前口 雄祐さんがプロダクトデザイン学科の後輩のために、
ポートフォリオ特別講義を開いてくださいました!

ポートフォリオは学生時代の研究や制作をギュッ!と詰め込んだ大切なモノです。
今回は、自分自身の課題をどのように解決し、どこに意識しながらポートフォリオ制作に
取り組んでいったのか、ご自身の体験を元にお話してくださいました。

pd_160617c

学生達も憧れの先輩からの話を食い入るように聞き、積極的に質問をしていますね~◎
どう自分を表現していけばよいのか、ここから何かヒントを得てくれると嬉しいですね。

pd_160617d

講義終了後、前口さんは多くの学生に囲まれ、質問攻撃に!
それだけ熱意を持って取り組む学生の姿勢には目を見張るものがありますね。

前口さん、貴重なお時間をありがとうございました!

ページのトップへ

2016年度優秀学生賞 授賞式!

pd_160615b

京都造形芸術大学では、3年生終了時までの成績や創作活動において優秀!と
認められた4年生を“優秀学生”として毎年表彰しています。
今年、プロダクトデザイン学科からは3名の学生が選ばれました★

pd_160615c

(左から、竹田貴弘くん、室ノ園悠貴くん、中本涼馬くん)

3人とも、とても素敵な笑顔ですね~♪
学生時代の頑張りがこのように結果として表れることは嬉しいことですね!

ここから卒業制作も本格化してきます!
この成果を弾みにこれからもどんどん活躍の場を広げていってくれることでしょう。

\本当におめでとうございます!/

ページのトップへ

☆一日体験入学へのご参加ありがとうございました☆

pd_160613b

6月12日(日)に行われました一日体験入学、たくさんの方にご参加いただきました。
本当にありがとうございました!

pd_160613c

今回の体験授業では、「“観る→つくる”のデザイン」と題して、「ミニちりとり&ほうきセット」の
隠れた問題点を観察し、それを解決するためのデザインを考えました!

pd_160613d

まずは実際にほうきとちりとりを使い、問題点を観察していきます。
それぞれ色んな意見を出し合っていますね!

pd_160613e

問題点を見つけたら、次はそれを解決するデザインを考えます。
思い描くデザインを、紙とボードを使って実際にデザインモデルを制作していきます。

pd_160613f

最後は作ったデザインモデルをみんなの前でプレゼンテーション!
どこを工夫し、どうデザインしたのか、みんなの個性豊かなアイデア力に驚きでした

今回の体験入学に参加できなかった方は、7月10日(日)にも一日体験入学を行いますので、
是非そちらにご参加くださいね♪

今回とはまた一味違う内容の体験授業をご用意してお待ちしています!

ページのトップへ

\ミラノデザインツアー2016 報告会/

pd_160610b

プロダクトデザイン学科では、ミラノデザインツアーを実施しています。
今年は7人の学生がミラノデザインツアーに参加し、魅力的なデザインの世界を体感してきました!
その報告会の様子をお届けします

pd_160610c

イタリアで行われる世界最大級の家具見本市「ミラノサローネ」の見学を中心に、現地で活躍されている
クリエイターやアーティストとの交流会、デザイナーによるワークショップ等、盛りだくさんの充実した
内容で、楽しい毎日を過ごしていたようです。

pd_160610d

報告会後は、ワインに見立てたブドウジュース、チーズ、トマト…とイタリアの風を感じるパーティ!
色々なジュースを各自のセンスでミックスして作るノンアルコールドリンクも大盛り上がりでした◎

世界に目を向け、今回経験したことで培った広い視野や今までになかった感覚を大きな武器として、
これからのデザイン活動に大いに活かしていってほしいですね♪

ページのトップへ

6/12(日)一日体験入学を実施します!

pd_160602c

いよいよ6/12(日)に一日体験入学オープンキャンパスが開催されます!
みなさん、もう予約はされましたか?
予約はこちら

プロダクトデザイン学科のテーマは「観る→つくる」のデザインです。
プロダクトデザイナーは、日常の何気ない瞬間に、道具と使う人の関係性を発見し、
それをデザインに応用しています。
今回は身近な人の悩みをインタビューし、その悩みを解決するような「日用品」を
デザインします。

pd_160602b

みなさんの周りにある日用品をどう工夫し、どうデザインしていくのか。
一日体験入学を通じて、その面白さを是非体感してください!

6/12(日)の参加が難しい人は7/10(日)にも一日体験入学を実施しますので、
是非そちらにご参加ください★

みなさまと一緒にワクワクする時間を共有できること、教職員一同とても楽しみにしています。
みなさまのご参加お待ちしております!

ページのトップへ

1日体験入学「プレゼントを贈る人になる!」

6月14日(日)に1日体験授業がありました!

今回のテーマは「プレゼントを贈る人になる!」ということで、
スマートフォンのデザインを体験してもらいました。

1日体験入学01デザインする前にアイスブレイクでコミュニケーションゲームをします。

1日体験入学02はじめに、どんな人にプレゼントを贈るのか、その人のことをじっくり考えます。

1日体験入学03プレゼントの相手が決まったら、その人が喜んでもらえるようにデザインを考えます。

1日体験入学04考えたアイディアのスケッチを書いたら、スチレンボードに張って模型の完成。

1日体験入学05最後は自分が考えたデザインの発表をみなさんにしてもらいました。

今回の体験授業に参加出来なかったみなさん!!
次回の1日体験入学は7月12日(日)です!!
詳しくはコチラからどうぞ。

みなさんにお会いできるのを楽しみにしています!

(副手:ナカシマ)

ページのトップへ

ミラノデザインツアー!

プロダクトデザイン学科では、ミラノサローネに合わせて「ミラノデザインツアー」を行っています.
これは、イタリアで開催される家具デザインの世界的な見本市「ミラノサローネ」の開催時期に合わせて、サローネの見学と、イタリアデザインの現場をめぐるデザインツアーです.コーディネートをしている上林先生は、元々ミラノに留学をしていましたので、現地のネットワークを活かして普段見れない所まで見学をしてお話を伺うことが出来ます.
上林先生から、レポートを頂きましたので掲載します.

単に展示会の見学だけではなく、ドムスアカデミーを見学したり、エルミニオ リッツォッティ先生の工房でイタリアのモデル制作を学びました.

もちろんグルメも!

一週間の旅程も、スケジュールぎっしりです.帰国してからの報告会が楽しみです!

ページのトップへ

一期生の卒業展が始まりました!

プロダクトデザイン学科は、2011年4月に開設された学科の為、今回が初めての卒業展です。

本学科では「一展」として開催しています。

 

なお、本日2/21(土)14時より作品講評会を行います。

 

<作品講評会>

■日時:2/21(土)14:00~

■会場:京都造形芸術大学(瓜生山キャンパス)

直心館3F・・・J36

■ゲスト:ムラタチアキ先生(本学大学院SDI所長/ハーズ実験デザイン研究所代表)

 

<卒業展会期>

■会期 2/21(土)~3/1(日) 10:00~18:00

■会場 :京都造形芸術大学(瓜生山キャンパス)

直心館3F・・・J35~J38

至誠館B2F・・・学科専用工房Product Fab

 

↓直心館3F
pd_150221a
↓直心館3F J35受付

アンケートにご協力いただきますと先着で図録をお渡しします。(数に限りがございます)
pd_150221c
↓至誠館B2F
pd_150221b

7月には中間発表として「0.5展」(0.5はコンマ5と呼びます)を開催し、「0.5」からこの卒業展で「1」になりました。(完成を表しています)

 

一期生のみんなは試行錯誤しながら4年間、どのイベントも一から作り上げてきました。

 

その意味でも4年間の集大成である卒業展の「一展」にはたくさんの「1」が含まれています。

 

プロダクトデザイン学科の礎を築いた一期生の作品を是非ご高覧下さい。

皆様のご来場をお待ちしております。

 

(学科事務 たどころ)

ページのトップへ