Home > ブログ

ブログ

\\卒業展が始まりました//

みなさん、こんにちは!

卒業展がついに始まりました!

・・・・・・・・・・・・・卒業展・・・・・・・・・・・・・

期間:2/9(土)~2/17(日) 10:00~18:00
場所:京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 
*プロダクトデザイン学科は直心館で展示しています!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

直心館への行き方など、プロダクトデザイン学科の卒展情報は
学生運営のツイッター・インスタグラムにて紹介しています!

○ツイッター  @KUAD_PD_2019
○インスタグラム  kuad_pd_2019

今回は、卒業展の様子を少しだけお届けします☆

b

c

プロダクトデザイン学科は、
直心館J35、J36、J37という教室で展示を行っています!

家具・子供のおもちゃ・時計・アプリなどなど・・・
様々なジャンルの作品が並んでいます!

d

e

そして、展示会場にはオレンジの名札を下げた学生が待機しています。

f

g

作品の説明など、お聞きしたい事がありましたら
学生スタッフまでお尋ねください!

また、学生の作品を載せた作品集(図録)も販売しています。*1冊500円
受付にて販売しておりますので、ご希望の方はぜひ受付にお声かけください!

雨が降ったり雪がちらついたりと、天候も不安定ですが
みなさま、お足下にお気をつけてお越しください◎

お待ちしております!

ページのトップへ

\卒業制作展のお知らせ/

 

みなさん、こんにちは!

2019年が始まって、もう既に1か月が経とうとしています。
学生達は後期授業も終わり、残すは後期末試験!
いよいよ春休みが始まります○

 

さて、12月の末に4年生の大!大!大イベント!!!
“卒業制作審査会”がありました!!

大学4年間の集大成として、約1年間かけて研究・制作を行った卒業制作を、
先生方にプレゼンを行い、審査してもらいます。

審査会の様子↓

b

c

d

みんな緊張しながらも、
しっかりと自分の作品のプレゼンを行っていました!

そして、この卒業制作が2/9(土)~2/17(日)の期間行われる
卒業展にて展示されます!

 

       ○ 京都造形芸術大学 卒業展 ○

期間:2/9(土)~2/17(日)10:00~18:00 *入退場自由
会場:京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス

※プロダクトデザイン学科は、直心館3Fのフロア、
J35、J36、J37教室を使用して展示を行います!

▽直心館はココ!

e

▽昨年度の卒業制作展示の様子

f h g

今年もDMや会場構成を4年生が考えました!

a,i

そして、プロダクトデザイン学科の卒業制作に関する情報をお届けする
ツイッターとインスタグラムもスタートしました!

○ツイッター  @KUAD_PD_2019
○インスタグラム  kuad_pd_2019

卒業展に関することだけにとどまらず
質問コーナーや学科の様子、工房の紹介などなど、、、
学生目線でアップされていますので、こちらもぜひチェックしてくださいね

卒業展、みなさんのお越しをお待ちしております!

ページのトップへ

\学内展示のお知らせ/

みなさん、こんにちは!

今回は2つの学内展示会のお知らせです◎

まずはこちら↓

○ 時計と人との新しい関係展 ○  

期間:1月11日(金)~1月29日(火)
場所:京都造形芸術大学 ギャルリ・オーブ 吹き抜け
指導教員:大江孝明先生
参加学生:(2年)丸山甲人
(3年)藤田あいの、干場はるな、吉田夏奈子
(4年)仮屋崎良平、東山桐子、原脩造、間地美月、山田龍平
(精華大学)奥村颯太、奥田宥聡

b

以前にブログにてお伝えした“デザインメソッドⅡ”という
勉強会の成果展です!
★以前のブログは→ こちら から

ARTZONEにて行っていた展示を、今回大学内でも行う事になりました○

c d

ARTZONEとは一味違った、かっこいい展示になっています!
ARTZONEでの展示を見て下さった方も、そうでない方も
ぜひぜひご覧ください★

 

そして、2つ目はこちら!

○ デザイン系5学科作品展 ○

期間:1月12日(土)~1月25日(金)
場所:人間館1F  インフォメーション前

e f

キャラクターデザイン、情報デザイン、環境デザイン、
空間演出デザインのデザイン系4学科と共に作品展を行っています!

プロダクトデザイン学科では、
3年生の「サスティナブルデザイン論」という
“ずっと使われ続けるプロダクトとは何か”、ということについて学ぶ授業と、
「アドバンスドデザインⅡC」という “和”をテーマにした
プロダクトデザインについて学ぶ授業の受講生が参加しました!

g h i

手紙、お酒、お香などなど、、、
ジャンルを問わず、様々なプロダクトの提案が展示されています!

“こんな商品あったら良いな!”
そんなプロダクトをぜひ見つけに来てください!

みなさまのお越しをお待ちしています!!

ページのトップへ

工場見学に行ってきました!

みなさま、あけましておめでとうございます!

みなさん、年末年始はいかがお過ごしでしたか?

学生達に聞いてみると、みんな思い思いの年末年始を過ごし、
よいリフレッシュが出来たようです○

 

さて、以前ブログで紹介した、パッケージ制作を学ぶ授業の中で、
「日本写真印刷コミュニケーションズ」という会社の工場見学に行ってきました!

***

まずは、印刷の成り立ちや版に関するレクチャーを受けます!

b
とても豪華な会議室・・・!

そしてレクチャーを受けた後は、
みんな帽子をかぶって、いざ工場見学!!!

a(アイキャッチ),c

↑ 学生が眺めているのは、襖絵!

日本写真印刷コミュニケーションズでは、
文化財や美術品を撮影し、複製する取り組みもされているそうで
その取り組みに関しても説明していただきました。

d

そしてこちらは、
印刷が施された布とLEDライトを組み合わせたパネル。
紙よりも色が鮮やかに発色し、また耐久性も高いため、
店舗やショールームの内装、電飾看板などの用途に適しているそうです!

そして他にも、
オフセット印刷という印刷方法の工程見学や
画像のレタッチ(修正や加工作業)工程も見学させて頂きました。

見学した学生からは、
“いつも何気なく見ている印刷物も、一つ一つ丁寧に作られていて驚いた”
“レタッチや文化財の複製の技術が凄いと思った”
といった感想が生まれていました◎

“印刷”と一言で言っても、普段目にするチラシなど身近なものから、
看板、文化財の複製に関するものまで、、、とても奥深いのですね!

e

今回の工場見学から、学生のパッケージのアイディアに
どのように反映されるのでしょうか!
とっても楽しみです!

ページのトップへ

もうすぐクリスマス!

みなさん、こんにちは!

気が付けば12月も後半!
もうすぐクリスマスですね!

クリスマスと言えば・・・クリスマスツリー!

b

プロダクトデザイン学科にもクリスマスツリーが登場しましたよ!

でもこのクリスマスツリー、よく見てみると・・・

c

なんと!いくつもの球体でつくられています!!

このクリスマスツリーは、前々回のブログで紹介した
立体形状について学ぶ「表現演習Ⅰ」の授業でつくられた球体で出来ているのです!

この球体は紙を短冊状に切ったものを編み込んで出来ています。
平面の紙から立体を作りあげているのです!

そしてそして、クリスマスと言えば・・・プレゼント!

d

クリスマスツリーの下にはちゃんとプレゼントがありますよ!
このプレゼントも、紙を短冊状に切ったものから作られています○

世界に一つだけの、とってもきれいなクリスマスツリーです

e

そして、この授業を受けている1年生が
余った端材を利用して、研究室の扉にも小さなクリスマスツリーを
作ってくれました!

f

g

 

とってもかわいい扉になりました★★

h

 

―――――――――――お知らせ―――――――――――

今週末「12/23(日)」に、
“はじめての、1day!!芸大体験”を開催します!

対象は高校1・2年生◎

“芸大の授業ってどんな感じ?”
“プロダクトデザインってどんなふうに学ぶの?”

そんな疑問をお持ちの方、ぜひぜひご参加ください!
ご予約は→ こちら から

――――――――――――――――――――――――――

ページのトップへ

貼り箱を作ろう!

みなさん、こんにちは!

寒かったり、暖かかったり、気温の変化が激しい今日この頃。
寒暖差が激しいので、うっかり風邪をひいてしまいそうです。
みなさんも、十分にお気をつけくださいね~
(ノロやインフルエンザは特に注意ですよ~!)

さて、
今回はパッケージ制作を学ぶ授業内に行われたワークショップ、
“貼り箱作り”の様子を覗き見してきました!

写真1

こちらは、担当教員の三原美奈子先生です。とてもおしゃれな先生なのです◎
プロダクトでは、パッケージの授業をご担当いただいています。

三原先生からのレクチャーのあと、
さっそく貼り箱作りを開始です!

写真2

貼り箱のワークショップには、専用のキットがあるのです。
工程表を読みながら、貼り箱の特徴を捉えつつ、形にしていきます。

写真3

まず、貼り箱の表にくる紙を選びます。貼り箱の表に出てくる決め手の紙です。
ここのキットは紙を輸入していたりするので、かわいい紙がたくさん!
どれにするか目移りしてしまいます○

写真4

紙を選んだら、次は寸法を測ります。
貼り箱の 芯 の部分である、ボール紙を貼る位置を測ります。
ここでミスをすると、ボール紙を正確に貼れないので、致命傷なのです…!

写真5

寸法を測り終えたら、ボール紙を貼っていきます。
慎重に、慎重に・・・

写真6

ボール紙を貼り終えたら、紙を折り返していきます。
変なところで折り返してしまうと側面が汚くなってしまうので、ここも慎重に…
でも早くしないと、のりが乾くという若干の焦り感も!

写真7

続いては、内側の紙を貼っていきます。
外側と内側の色のコントラストもキレイです。

写真8

ここで、中に入れる箱を作りますよ~
セロハンテープで周りを留めて、箱の形に整えていきます。

写真9

そして、出来上がった箱に色紙を巻いていきます。
ここ、とても繊細な作業なのです…!
内側もきちんと織り込んでいきます。

そして!完成!

写真10

写真11

さきほど制作した表面と合わせて、キレイな貼り箱が出来上がりました◎

写真12

みんなかわいく出来て、大盛り上がりです。

写真13

開けるとこんな感じです。
中には、手紙やペン等、小物が収納できるくらいのゆとりがあります。
出来上がった貼り箱を見て、そのかわいさにみんな大喜びでした○

写真14

パッケージといっても、その種類は実にさまざまです。
紙一つとってみても、奥の深さや歴史があるので、是非この機会に多くのことを
知識として身につけてほしいですね。

ページのトップへ

表現演習Ⅱ・1年生が立体造形について学んでいます!

みなさん、こんにちは!

今週からまた気温がぐっと下がりましたね!
最近は朝がとっても寒くて、なかなか布団から出られません・・・

急激に寒くなったせいか、風邪が流行っているようなので
みなさん、体調にはお気を付け下さいね!

 

さて、今回は1年生の “表現演習Ⅱ” という授業を紹介します!

b

この授業では、さまざまな素材から立体造形を作り出す授業で、
立体を作りあげる方法や塗装方法などについて学びつつ、立体形状について学びます。

前日の授業では、“ケミカルウッド” という材料を加工して
立体形状を作りあげていきます。

c

▼△ ケミカルウッドとは? ▼△
主な原材料はポリウレタンで、人工的に木材のような性質をもたせた素材です。
本物の木材とは違い、木目がないので加工しやすく
プロダクトデザインでは形状の確認を行う為の試作モデルなどで
ケミカルウッドが多く使用されます。

 

元々直方体の形をしていたケミカルウッドから
膨らんだクッションのような形状を作り出していきます。

d

みんな思い通りの形状に近づけるために
さまざまな種類のヤスリを使い分けながら、ケミカルウッドを削っていきます。

e f

曲面部分のヤスリがけに、みんな悪戦苦闘している様子・・・

ある程度形が整ったら、
1番目の細かいヤスリでピカピカに磨き上げていきます。

g

そして綺麗に磨いたら、最後に塗装をして完成です!

h

みんなそれぞれの色の立体形状が完成しました

i

 

 

――――――――――!お知らせ!――――――――――

高校1、2年生対象の授業体験イベント
 “はじめての、1day!!芸大体験” が開催されます

プロダクトデザイン学科の授業を体験してみませんか?
ご予約は→こちら から
みなさん是非お申込みください!

――――――――――――――――――――――――――

ページのトップへ

卒制審査会まであと少し!

みなさん、こんにちは!

だんだんと寒くなってきましたね~
いよいよ、秋から冬へ…!という空気感になってきました○

冬になると、クリスマス、忘年会、お正月…と、イベントが目白押し!
楽しみだな~とワクワクされている方も多いのではないでしょうか。

大勢の人やイルミネーションで、街中が賑やかに、華やかになっていく様子は、
寒い冬の街を暖かくしてくれているように感じます。

 

で!も!
4年生は浮かれている場合ではないのです…!
4年生の冬の一大イベントは、なんといっても「卒業制作審査会」!!
ここをクリアしない限り、卒業はできません。

写真1

12月にある審査会を前に、各ゼミでは最終の追い込み段階に入っています○
今回は、大江先生ゼミにお邪魔してきました*

写真2

モックをたくさん制作し、検討を重ねています。
こうした努力があって、作品が完成していくのですね~

写真3

写真4

みんなで仲間の作品に意見を出し合います。
多くの異なる意見を聞くことで、自分では発見できない修正点やアイデアを
見つけることができ、自分の作品に活かしていきます◎

写真5

とはいえ、ずっと気を張り詰めていても、疲れちゃいますね。
休憩の時間も大切です○

写真6

みんなで和気あいあい*
色んな情報交換をしながら、楽しく進めている様子でした!

アイキャッチ候補1

4年間の集大成とも言える、卒業制作。
今までのプロダクトデザイン学科で学んできた想いを作品に詰め込んでいきます。
審査会でどんな作品が出てくるのか、楽しみです○

あと少し!頑張ってね!!

ページのトップへ

OSAKA DESIGN FUTUREでの出展作品を学内にて展示しています!

みなさん、こんにちは!

 

先日ブログで紹介した、
グランフロント大阪で行われていた“OSAKA DESIGN FUTURE”への出展作品を、
人間館1階のラウンジにて展示しています!

b

c

制作風景の写真や制作に使われた材料、試作段階のモデルなどなど
グランフロント大阪での展示とは一味違った展示を行っています!

d

こちらの写真は、
最終の作品を作る前段階の試作モデルです◎

写真では分かり辛いですが、実際は最終段階のモデルより小さいモデルです。

 

プロダクトデザインは、何度も何度も試作を作っては検証、
また試作を作って検証・・・
これを何度も繰り返すことで美しさや機能性を磨き
やっと商品として世の中に出されます!

そんなプロセスも、この展示を通して感じていただけたらと思います◎

e
 
展示は11月18日(日)まで!
みなさまのお越しをお待ちしております!

ページのトップへ

ハロウィンパーティーを行いました!

みなさん、こんにちは!

10月31日と言えば、、、▽▲ハロウィン▽▲ですよね!
みなさんハロウィンはどのように過ごされましたか?

プロダクトデザイン学科では、
プロダクトの教室がある松麟館にて、▽▲ハロウィンパーティー▽▲が開催されました!

b

c

d
今年のハロウィンパーティーでは、後期から迎えた交換留学生との
交流も目的に、2年生が企画し開催されました!

なんとハロウィンパーティー中は日本語の使用禁止!
みんな一生懸命英語を話していましたよ!

e

f

宝さがしゲームなども企画され、みんなとっても楽しそうでした!

ページのトップへ

「時計と人との新しい関係展」が開催しました!

みなさん、こんにちは!

 

前回のブログでお知らせした、
ARTZONEでの「時計と人との新しい関係展」が、ついに開催しました!

もうすでにご来場いただきましたみなさま、ありがとうございます。

a_b

会場には来場した方へのアンケートを実施しており、この内容や
直接のご感想やご意見からフィードバックを得て、学生たちは学びを深めています◎

▼展覧会の様子

c

d

e

f

また、今回の展覧会「時計と人との新しい関係展」についての
サイトもオープンしました!

サイトはこちらから → http://site-1526995-6545-9209.strikingly.com/

みなさんこちらも是非チェックしてくださいね!

 

会期は11/11(日)までです!
みなさまのご来場、お待ちしております◎

ページのトップへ

「時計と人との新しい関係展」を開催します!

みなさん、こんにちは!

夏休みが終わってから1か月程経ちますが、
夏休み期間中、プロダクトデザイン学科では大江孝明先生による
“デザインメソッドⅡ”という勉強会が行われていました!

***

デザインメソッドⅡについて

クリエイション(創造力)を磨き、そして駆使することで
デザインのテーマを発見することが第一のステップ。
そして、クリエイションを駆使して、表現と機能へとつなげていく力を養うのが
第二のステップです。

クリエイションって、意識して使わないと、磨けないものだと思い、
このような勉強会を開いています。

また、京造PD学科の良きDNAを上級生から下級生へ受け継ぐための交流を行います。
全学年が参加可能で、同じ課題に取り組みます。
同じ課題に取り組む中で、下級生は上級生から多くのことを学び、
上級生は下級生から多くの刺激をもらえるため、双方にとって人気のある勉強会です。
この勉強会を通して、京造PD学科の良き文化が継承され、
また醸成されて行って欲しいと願います。

制作の成果は展示し、フィードバックを得ます。

***

ということで・・・
今年の勉強会テーマは“時計”

時計と人との関係を改めて考え直し、新しい時計の在り方を模索し、
最終的には実際に使える模型まで制作しました。

▼夏季休暇中の勉強会の様子

b c d

今回の勉強会では、2年生1名、3年生3名、4年生5名
そして精華大学から2名の学生が参加していました!

プロダクトデザイン学科の普段の授業では、最終成果物を
先生方に対してプレゼンテーションをし、評価をしてもらいますが
この勉強会では、プレゼンテーションを行った後、
先生・学生を含めた全員でディスカッションし、フィードバックを得ます。

e f

下級生・上級生・他大学に関わらず、みんなで白熱したディスカッション!
様々な意見が飛び交っていました○

学生達は得たフィードバックを元に
自身の作品に向き合い、練り直し、密度の濃いものに仕上げていきます。

g h

そしてなんと、今回の勉強会の成果は、
ARTZONEにて展示することが決まりました!

昨年度の成果展は学内での展示のみでしたが、今回は初めて学外にて展示します!

▼昨年度 学内での成果展の様子
昨年度は、ボタンについての勉強会でした。

i j

■  時計と人との新しい関係展 ■

・展示期間:10/27(土)~11/11(日)
平日:13:00~20:00
土日祝:12:30~20:00

・出展作家
大江 孝明(おおえ たかあき)
仮屋﨑 良平(かりやざき りょうへい)
東山 桐子(ひがしやま きりこ)
原 脩造 (はら しゅうぞう)
間地 美月(まぢ みつき)
山田 龍平 (やまだ たっぺい)
藤田 あいの(ふじた あいの)
干場 はるな(ほしば はるな)
吉田 夏奈子(よしだ かなこ)
丸山 甲人(まるやま かんと)
奥村 颯太 (おくむら そうた)*精華大学
奥田 宥聡(おくだ ひろと)*精華大学

Print

展示は今週の土曜日からです!

市場ではなかなか出会えることのできない、
みなさんがあっと驚き納得するような時計にきっと出会えます。

お時間のある方、ぜひぜひご来場下さい。

ページのトップへ