みなさん、こんにちは!

段々と空気も乾燥し、冬らしい気候になってきましたね。
瓜生山の紅葉が見られるのももう少しかもしれません!

 

さて、先日2年生が受講しているパッケージデザインについて学ぶ授業にて
紙の販売・開発で有名な「株式会社 竹尾」の方が来られ、
様々な種類の「紙」についてご紹介いただきました!
☆竹尾について → こちら

b c

この授業では、パッケージデザイナーとして活躍されている
三原美奈子先生に講師に来て頂き、パッケージデザインについて
教えていただいています。
☆三原先生の活動について → こちら

d

今回の授業では、パッケージデザインととても関係が深い
「紙」について、実際にたくさんのサンプルを持って来て頂き、
製造方法や紙の特性などをご紹介いただきました!

e (2) i DSC_2249

みんな初めて見る様々な種類の紙に興味津々!!

竹尾の方から紙の種類や特性をご説明いただき、
三原先生からこの種類の紙が実際にどのようなものに
使われているのか紹介がありました!

DSC_2211

↑紙の中でも、特に軽いトレーシングペーパーは、
手のひらにのせると熱・湿度に反応して紙が丸まります!
そのまるまる方向によって、紙の流れ目といわれるものの
方向が分かるそうです!

(紙の目の方向が分かると、紙を製本する為に紙を折ったり、
割いたりする際に綺麗に仕上がる向きが分かるのです○)

DSC_2217 f DSC_2258

その他には、熱加工を加えると透過する紙や、表面がアルミ加工されている紙、
革のような質感に加工がなされている紙などなど・・・

学生からはすごーい!と歓声が上がっていました○

***

紙の種類だけにとどまらす、どのような紙が
どんな印刷に向いているのかや、特殊な紙を印刷に使用する際の
注意点等についても教えていただきました!

色々ご紹介いただき、「紙」の奥深さに驚きました・・・
パッケージデザインだけに限らず、様々なプロダクトにも
活かせそうな予感がします!