みなさんこんにちは!

夏休み真っ只中、みなさんいかがお過ごしですか?

まだまだ暑い日々が続いていますが、
プロダクトデザイン学科の教室がある松麟館という校舎は
ほぼ森の中に位置しているので今の時期、様々な虫が大量!
先日はなんと事務室にムカデが入ってきてしまい、プチパニックでした。。。

●●●

さて、今回は今年度の前期に行われた授業を紹介したいと思います!

b

今回紹介するのは、3年生のPD総合Ⅲという授業です。

この授業では、自分自身で商品を提案、制作、販売することまでを行い、
一連のマーケティングの流れを勉強します。

またこの授業の中では、実際に手作り市に参加し、
商品を販売します!

今年度の授業では手作り市へ2度参加し
実際に商品の販売を行いました!

b c

↑1回目の販売は、京都府立植物園にて!
なんと1日で1万円以上もの売り上げがあった学生もいたようです○

1度目の販売が終わったら、自分の商品がなぜ売れたのか、売れなかったのか、
何を改善したら良いのか再考し、ブラッシュアップを行います。

e f
↑こちらは2回目の販売、下賀茂神社の糺の森での様子。
1回目の販売の反省を活かし、ポップアップを作成した学生や、
価格設定を変更した学生も○

●●●

販売を行った後の講評会では、思った通りに売り上げが伸びなかった、
難しかったという発表や、どのような点に注力してブラッシュアップを行ったか等の
発表がありました。

普段何気なく購入している商品でも、デザインの改善や
価格の改定を行われながら、店頭に並んでいるのだと実感します。

今回の経験を、今後の課題でも生かしていってほしいですね○